Event is FINISHED

「むすぶ」 ~ 人と人をむすび、子どもたちの未来を考える ~

Description

「一緒にご飯をたべよう」その一言からはじまります

日本が直面している社会問題には数多くの「子どもたちに関する社会問題」があります。児童虐待、子育て環境・子育ての街づくり、健やかな成長を支える食の問題、待機児童問題など多くの問題を抱えています。問題や悩みを抱えている子どもたちや、問題に取り組んでいこうと考えている大人たちが「孤立状態」にあることが子ども問題を深刻化させているとも言われています。


人と人をつなぐ、むすぶ活動

幼年期を経て、思春期・青年期(中高生)にある若者たちも、多くの悩みを抱えています。家庭の問題や進路、学校での友だち付き合い、性の悩み、お金の悩みなど「悩める若者たち」は誰にも相談することができずにいます。時には問題を深刻化させてしまい、事件につながるケースも増えつつあるとも言われています。

そういった「居場所を探している若者」ひとりひとりに「一緒にご飯をたべよう」と声をかけ、若者たちの伴走者として活動を続けている一般社団法人Colabo(コラボ)。『食事の場は「相談することのハードルを下げることにもつながります」』と語る仁藤夢乃さん(代表)は、自立支援シェアハウス・シェルターを設立し、出会った若者たちと共に生活をする活動をはじめました。


「むすぶ」「つなぐ」「実をむすぶ」

公益財団法人お金をまわそう基金は人と人をむすび・つなぎ、子どもたちの未来を考えるべくセミナーを助成認定団体である一般社団法人Colaboと共同で開催いたします。

人と人のつながりが希薄化し、様々な社会問題の根源とも考えられている現在に「一緒に食べる」事で人と人をむすび、支援活動を続ける仁藤夢乃(一般社団法人Colabo 代表)から「食」を通じて人と人とをむすび、支援・援助活動につなげる現場を知っていただく場として今回のセミナーを企画いたしました。今回は、実際にColaboが運営するシェアハウスで若者たちと料理をつくり、食卓を囲んで活動を支えている料理家の福島利香さんにもお越しいただき「食卓から家族をつくる」活動についてもお話しいただこうと思います。





月に一度の料理教室をColaboのシェアハウスで開いている福島さん。『最初は体が弱かったり、遠慮したりしてご飯を少ししか食べられない子が多かった。何度か一緒に食卓を囲んでいき「お腹すいた~」って言ってくれると安心します』(福島利香さん)。シェアハウスでは、みんながリラックスしていて、信頼できる関係と、温かい食事と、安心して眠れる、平和な日常生活。Colaboのシェアハウス・シェルターは支援するという感じよりは、みんなで一緒につくっていく「場所」
Thu Mar 29, 2018
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
さわかみ投信株式会社2F大会議室
Tickets
おむすび 参加券 FULL
無料参加です(当日参加も可能ですが、事前お申し込みをお願いします) FULL
Venue Address
東京都千代田区一番町29番地2 Japan
Organizer
公益財団法人お金をまわそう基金の『寄付の会』
86 Followers
Attendees
1